1. ホーム
  2. 黒酢コラム
  3. ≫飲むだけじゃない!暮らしの中の黒酢活用法

飲むだけじゃない!暮らしの中の黒酢活用法


身体に良い黒酢ですが、使い道は飲むだけではありません。

黒酢には、殺菌力や消臭パワーなど、暮らしの中で活かせる要素がいろいろあります。

特に、黒酢を買ってしまったけれど飲み切れていない!という人にお試しいただきたいアイディアがいっぱいです。

魚の臭み・貝類のヌメリ取り

魚の臭み・貝類のヌメリ取り「水3対黒酢1」の割合でつくった黒酢水で魚を洗うと、気になる臭みが取れます。

貝類などのヌメリには、しばらく黒酢水につけておきましょう。

また魚の表面にハケで黒酢水を塗っておくと、味が引きしまり煮崩れを防ぎます。

大人ニキビ・吹き出物のお手入れに

大人ニキビ・吹き出物のお手入れに黒酢をミネラルウォーターで3~4倍に薄めたものを、コットンや綿棒に含ませて患部をそっと押さえます。

ニキビや吹き出物の原因となるアクネ菌退治に、黒酢の殺菌力が期待できます。

敏感肌の人は最初に少量を付けてみて、ヒリヒリしたらすぐに中止してください。

ホットタオルで肩こり改善

お湯1リットルに黒酢大さじ1を加えたものにタオルを浸し、軽く絞って肩や首、鎖骨や腰など患部に当てて温めてください。

お風呂上がりで体が温まっている時に行うと効果的です。上と同様敏感肌の人は、肌につける前に腕の内側などで必ずパッチテストを行って下さい。

黒酢バスでリラックス

ぬるめのお湯(37℃~40℃)に黒酢200mlを入れたお風呂でリラックス。

湯温を上げ過ぎないよう注意しながら、15~20分ほど浸かりましょう。

体がしっかり温まるので冷え性の人におすすめ。肩こりや腰痛などをやわらげる効果も期待できます。

水虫退治に

水虫退治に水虫退治にも黒酢が有効。

黒酢の原液を40℃ぐらいに温め、きれいに洗った足を足首まで15~20分間浸します。

毎日1~3回、1カ月以上続けるとガンコな水虫を撃退。黒酢原液を使うのはもったいないようですが、賞味期限が過ぎた残りものを利用するといいですね。

黒酢うがいで風邪予防

風邪をひきそうなときは、黒酢大さじ1、塩小さじ1を入れたお湯でうがいをすると予防になります。

また口臭が気になる人は、黒酢を薄めた水で食後のうがいを習慣にしましょう。

ガーデニングの虫除けに

観葉植物や家庭菜園の虫除けには、ごく薄い黒酢水をスプレーすると、除虫剤の代わりになります。

天然のものなので安心ですし、葉の色つやも良くなり活力が出てきます。

ペットの健康管理に

ペットの健康管理に最近では人間と同じように、肥満や生活習慣病に悩むペットも多いようです。

ペットの健康管理は、家族同様買い主さんが注意をしてあげたいもの。

ペット用の黒酢サプリメントなども販売されていますので、活用すると良いでしょう。

関連記事